Browse Month by 8月 2017
未分類

保存状態と性能

もちろんレンズだけではなく、カメラ本体の管理も大事です。保存状態によって買取額も変わってくるからです。査定の際カメラのチェックポイントを挙げていきましょう。まずはカメラの外観に傷やヘコミがないか。それから液晶画面。こちらも傷がないか、そして表示がしっかりされるかチェックします。あとはカメラを覗くファインダーの内部やミラー室にレンズ同様埃やカビがないか、グリップにべたつきがないかなどです。どれも大体自身の管理や扱い方で品質を保てることですね。

デジタル一眼レフの中にも、プロが使う上級機と、アマチュアなどが使う中級機、初心者用の入門機とレベルが変わってきます。プロが使うものになると、撮影した写真を大きくしても鮮明にプリントすることができる、イメージセンサーのサイズが大きいので買取額が高くなります。このように同じデジタル一眼レフでも性能によっても買取額の差が出てきます。あとメーカーによる差もあり、主要なメーカーのもであればあるほど買取額は高くなります。

カメラは造られた年が新しいほど買取額が上がってきます。つまり使わないカメラを自分で持っている期間が長いほど査定が下がってしまうのです。デジタル一眼レフも三年のうちに新機種が発売されるので、カメラを売るタイミングも大切になっていきます。


未分類

付属品とレンズ

使っていないカメラほど、その付属品もどこかへ行ってしまいがちですが、しっかりと一緒に保管しておきましょう。特に大事なものはカメラの充電器と電池です。これらがなければカメラの電源が入りません。電源が入らないカメラは正常に使えるかどうかも調べることができないのでこの時点で買い取ってもらえないこともあります。物がよくても電源が入らないだけで査定してもらえないのは勿体無いです。査定の際は付属品も一緒に持っていきましょう

またカメラのボディとレンズがセットになった場合、レンズも一緒に持っていき査定してもらうとカメラ買取の査定額が上がります。レンズは造られた年代が古くても、保存状態次第で値段が落ちにくいのです。つまりレンズの保管・管理は重要になってきます。まずカメラを使ったあとは埃がつかないように気をつけましょう。手で掃うだけでは取れないものもあるので、風で埃を飛ばすブローをおすすめします。レンズに埃が入ってしまうと、撮影した写真の移りが悪くなってしまうこともあります。これはレンズの査定の減額に繋がります。また、レンズにカビや曇りがあるのも同様です。レンズにカビがつくのを防ぐには、湿度に気をつけること。保管する時は容器にカメラと乾燥剤を一緒に入れて密閉するといいでしょう。


未分類

カメラの買取のコツ

日々進化を遂げていく電化製品、ついつい新しいものに目移りしてしまいますよね。その中でカメラもきっと例外ではないはず。持っているのに、次々と出てくる新たな機種や機能が搭載された物を買ってしまったなんてことありませんか。そんな時古いカメラはどうしましょう。人に譲る、捨ててしまう、その前にカメラの扱い方次第で上手に買取ってもらうことができるかもしれませんよ。

カメラと言っても、誰でも手軽に使えるコンパクトデジタルカメラから、小さくても本格的に写真を撮れるミラーレス一眼カメラ、プロも使うデジタル一眼レフカメラまで様々な種類があります。その中でも元の値段があまり高くないコンパクトデジタルカメラとミラーレス一眼カメラは、買取ってもらう場合もさほど高い値がつきません。しかしデジタル一眼レフカメラの場合、物によっては高く買い取ってもらえることもあります。いつか新しいカメラを買って、今のものを買取ってもらう時がくるかもしれない、そんな時少しでも高く査定してもらうために今できるポイントがいくつかあります。まずカメラの付属品は大切に保管しておくこと。それからカメラの保管・保存は丁寧に行うこと。この二つを意識することでカメラの査定額が変わってくるでしょう。

では具体的にはどうしたらよいのでしょう。ここからはデジタル一眼レフカメラについてカメラ買取の査定のポイントともにご紹介します。手軽に写真を撮れても安い買い物ではないカメラ。大切に使って気持ちよく買取っていただきたいですよね。