未分類

付属品とレンズ

使っていないカメラほど、その付属品もどこかへ行ってしまいがちですが、しっかりと一緒に保管しておきましょう。特に大事なものはカメラの充電器と電池です。これらがなければカメラの電源が入りません。電源が入らないカメラは正常に使えるかどうかも調べることができないのでこの時点で買い取ってもらえないこともあります。物がよくても電源が入らないだけで査定してもらえないのは勿体無いです。査定の際は付属品も一緒に持っていきましょう

またカメラのボディとレンズがセットになった場合、レンズも一緒に持っていき査定してもらうとカメラ買取の査定額が上がります。レンズは造られた年代が古くても、保存状態次第で値段が落ちにくいのです。つまりレンズの保管・管理は重要になってきます。まずカメラを使ったあとは埃がつかないように気をつけましょう。手で掃うだけでは取れないものもあるので、風で埃を飛ばすブローをおすすめします。レンズに埃が入ってしまうと、撮影した写真の移りが悪くなってしまうこともあります。これはレンズの査定の減額に繋がります。また、レンズにカビや曇りがあるのも同様です。レンズにカビがつくのを防ぐには、湿度に気をつけること。保管する時は容器にカメラと乾燥剤を一緒に入れて密閉するといいでしょう。